講座詳細

【受付終了】【オンライン】化粧品の科学技術史
日本処方のルーツを辿る
2023/05/27(土)
【開催回数】 全1回
【受講料】 3,500円
【講座番号】 23SSK11
講座概要
明治以降の日本の近代化粧品は、時代の変化とそれに伴う消費者嗜好の変化に合わせて、次々と新しい化粧品を生み出し発展し、日本独特の化粧品文化を作り出してきました。 本講座では、日本における近代化粧品の歴史的変遷を具体的な事例を交え紹介し、新しい化粧品技術がどのような経緯で生まれるかを紐解きます。ヒット商品が生まれる必然性と偶然性を知るとともに、日本の化粧品処方の強みを考えます。 【協賛団体】 ・東京理科大学 総合研究院 界面科学研究部門 <https://rist.tus.ac.jp/introduction/division/%e7% 95%8c%e9%9d%a2%e7%a7%91%e5%ad%a6%e 7%a0%94%e7%a9%b6%e9%83%a8%e9%96%80-2/ > ・ジャパン・コスメティックセンター(JCC) <https://jcc-k.com/> ◆お得なパック講座のご案内◆ 本講座を含めた全4日程の化学シリーズ「化粧品の概要」講座もございます。 個別にお申し込み頂くよりお得な割引受講料となりますので是非ご活用ください。 ご受講される場合は以下のURLからお申し込みいただけます。 ●化学シリーズ 「化粧品の概要」 全4回  5月13日(土)〜6月3日(土) <https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=514170> 本講座については、会場受講がございます。 詳しくは下記URLにてご確認ください。 <https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=510696> 【キャンセルポリシー】 キャンセル料は受講申し込み完了後から発生しますので、ご注意ください。必ず、受講お申し込み前に東京理科大学オープンカレッジ受講規約<https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/jsp/web/tus/base/kiyaku.jsp>でご確認ください。
受講生の声 ・基礎が分かりました。 ・具体例が多く、理系出身でなくてもわかりやすく楽しめました。 ・トレンドから論文まで網羅していただき、講義内容としては大満足です。 ・わかりやすいお話でとても良い講座でした。講師のお人柄も親しみやすさがあり、もっとお話を伺いたいと思いました。 ・化粧品の歴史だけでなく、その周辺の知識も深く知ることができ、勉強になりました。 ・講師の先生がとても明るく前向きで良かったです。 ・テンポ良く、分かりやすくて楽しかったです。
定員 50名
会場 オンライン
残席状況
備考 【対象】 社会人全般、大学生
講座スケジュール
日 時 内容・講師
2023/05/27(土)
13:00〜14:30
概要欄を参照
講師紹介
南野 美紀
株式会社ベルヴィーヌ 取締役副社長/ 武庫川女子大学 薬学部 健康生命薬科学科 客員教授/ 関西学院大学 感性価値創造インスティテュート 客員教授/ 博士(医学)/博士(薬学)/修士(経営学)
受講のお申込み
料金区分 受講料
一般 3,500円
本学卒業生 3,000円
学生保証人 3,000円


講座一覧へ