講座詳細

【受付終了】MaaSで拓く新自動車産業
人生100年時代を豊かにするモビリティアズアサービス
2019/04/24(水)〜2019/07/31(水)
【開催回数】 全3回
【受講料】 10,500円
【講座番号】 19SSC11
講座概要
100年に一度の変革期に入った自動車産業において、CASE(Connected・Autonomous・Shared・Electric)を活用した様々な社会課題を解決するMobility as a Serviceについて研究、考察します。 この世に自動車が登場し、パワートレインが蒸気からガソリンエンジンへ変わり、大量生産の時代が到来しました。近年では、電気、水素、バイオなど様々な燃料を利用したダイバーシティに富んだパワートレインが開発されてきました。 100年以上、製造業として歩んできた自動車産業に通信を融合したMobility as a Serviceは、2022年の時点で製造業の5倍もの産業に成長すると見込まれています。 人間が日常行う動作の中で最も複雑とされる「運転」という行為をAIおよび機械に置き換えることにより解決できる社会課題、また、モビリティと通信を融合することによって広がる楽しさや利便性、物質およびパワートレイン開発によるエネルギー革命など、モビリティを核としたサービスにより拓くことができる新事業、新自動車産業について考察します。 また、世界各国の交通事情や社会環境に合わせて各地域ですでに開発、実施されているMaaSおよび制度を研究し、人生100年時代の今、MaaSによってどのように時間、空間を設計するか、またどのように生きがいを創出していくかを考察します。 【キャンセルポリシー】区分B キャンセル料は受講申し込み完了後から発生しますので、ご注意ください。必ず、受講お申し込み前に東京理科大学オープンカレッジ受講規約<https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/jsp/web/tus/base/kiyaku.jsp>でご確認ください。
ビジネス講座
カテゴリー
マネジメント(ベース領域) ヒューマンリソース(ヒト領域)
ストラテジー(モノ・コト領域) ファイナンス(カネ領域)
デジタル戦略(情報領域) スキル・ブラッシュアップ
クラス 共通
受講対象 役員、部長、課長、管理職志望層、社会人全般、大学生
伸長する能力 課題設定、解決意向、論理的思考、ヴィジョン、創造性
定員 30名
会場 セントラルプラザ2F
残席状況
備考 こちらはGROW360対象講座です。 開講約1週間前に、オープンカレッジ事務局よりメールにて成長スケール測定のURLをお送り致します。 受検に関しましては任意となります。
講座スケジュール
日 時 内容・講師
2019/04/24(水)
19:00〜21:00
自動車産業の歴史と変革
2019/05/29(水)
19:00〜21:00
CASEによる社会課題解決
2019/07/31(水)
19:00〜21:00
MasSによる新事業・新産業創出
講師紹介
井原 慶子
カーレーサー/日産自動車株式会社 独立取締役/慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 特任准教授
受講のお申込み
料金区分 受講料
全3回 10,500円


講座一覧へ