講座詳細

【オンライン】データエコノミー争奪戦を勝ち抜くビジネスモデル
ビッグデータ・ディープラーニング・AIをどのように活用するのかのヒントを得る
2022/11/24(木)〜2022/12/15(木)
【開催回数】 全4回
【受講料】 0円
【講座番号】 R04-01
講座概要
※(11/21追記) 第三回目の講師が変更になりました。なお、これに伴う講義内容の変更はございません。 ------------------------------------------- データが新たな資源として活用され、新聞などのメディアでも「X-Tech」という言葉を見掛ける機会が増えました。情報資源を経済に活かすデータエコノミーは今後、ますます進展すると考えられます。インターネットとコンピューターが浸透した現代では、IT業界のみならず、金融・不動産・医療をはじめ、あらゆる産業がこれらを活かしてビジネスを劇的に変化させています。それと同時に、各分野における競争も激化しております。 企業が自社のリソースをもとに新規事業をすることもあれば、政府と協業してあらたなプラットフォームを構築する動きもあります。そのような中で、本講座ではデータを武器にビジネスを成長させている企業の「これまで」「今」そして「これから」を見ていきます。 デジタル領域の新技術はビジネスを超える速度で進化をしており、その全てを使い切ることはできません。各プレーヤーは自らのビジネスに必要なものをきちんと取捨選択し、正しい方向に導くことが必要です。その上でデータのリスクやビジネス展開の上での副作用を認識しておくことも重要です。ビッグデータ・ディープラーニング・AIを活用したビジネスを成立させていくプロセスに潜む落とし穴はどんなところにあったのか。今後のイノベーションのトリガーとなるのは何か。データの世紀を勝ち残るために、ビジネスに必要なヒントを得る講座です。 本講座では、交通情報やレシートデータをはじめ、様々なデータをもとに、どのようにデータをビジネスに昇華させているのかを学びます。またパーソナルデータの活用の可能性や、生活者起点のドリブンマーケティングなど、近未来のデータ活用がどうなっていくのかをみていきます。
受講生の声 ・サービスや技術動向について、負の面もふくめ共有いただけたことは大変貴重な情報でした。
ビジネス講座
カテゴリー
マネジメント(ベース領域) ヒューマンリソース(ヒト領域)
ストラテジー(モノ・コト領域) ファイナンス(カネ領域)
デジタル戦略(情報領域) スキル・ブラッシュアップ
クラス
受講対象
伸長する能力
定員 100名
会場 オンライン
残席状況
備考
講座スケジュール
日 時 内容・講師
2022/11/24(木)
18:30〜20:30
他業種データ・プラットフォームの共有による日本再興戦略(講師:佐藤 博志)
2022/12/01(木)
18:30〜20:30
生活者起点のデータドリブンマーケティング(講師:村上 清幸)
2022/12/08(木)
18:30〜20:30
オフラインの購買データと消費の未来(講師:麻原 彪史)
2022/12/15(木)
18:30〜20:30
パーソナルデータ活用ビジネスの可能性と課題(情報銀行・信用スコアリングの事例と共に)(講師:城田 真琴)
講師紹介
佐藤 博志
ジョルダン株式会社 取締役 執行役員 戦略企画部長
村上 清幸
株式会社インテージリサーチ 代表取締役社長/株式会社aiQ 取締役
城田 真琴
株式会社野村総合研究所 DX基盤事業本部 プリンシパル・アナリスト/「ChatGPT資本主義」「決定版Web3」等の著者
麻原 彪史
WED株式会社 LEAD, Growth
受講のお申込み
料金区分 受講料
一般 0円


講座一覧へ