0127 人間らしく生きる〜さまよう世界。日本はどこへいくのか?〜

開催期2017年春期
曜日・時間帯指定水曜日 19:00〜20:30
開催日
回数11回
講師大橋 容一郎
テキスト
講師よりプリント配付(実費徴収)全回分500円
備考
定員100名

受講申込受付5月17日(水)まで
受講中の方のキャンセル受付5月17日(水)まで
※本講座は講座変更できません。
スケジュールスケジュールはこちら

講座作成中
0127 人間らしく生きる〜さまよう世界。日本はどこへいくのか?〜
【コーディネーター・講師】 大橋 容一郎 上智大学文学部哲学科教授 専攻分野/ 西洋近現代哲学、近代日本哲学、認識論、カント・新カント学派の哲学 著作/ 岩波書店版『カント全集』他多数 【ゲストスピーカー】 岡田武夫  カトリック東京大司教 孫崎 享  元外務省国際情報局長       東アジア共同体研究所所長 岸井成格  毎日新聞社特別編集委員 【講師】 川上泰徳  中東ジャーナリスト、元朝日新聞編集委員 青井未帆  学習院大学大学院法務研究科教授 金子 勝  慶應義塾大学経済学部教授 中野晃一  上智大学国際教養学部教授 本田 宏  NPO法人医療制度研究会副理事長 若新雄純  慶應義塾大学特任准教授、(株)New Youth代表取締役 島薗 進  上智大学大学院実践宗教学研究科教授、上智大学グリーフケア研究所所長  ますます混迷の度を増している国際情勢に翻弄されている日本は、さまざまな意味で大きな岐路に立っています。憲法論議や米軍基地から自衛隊派遣や領土問題は言うにおよばず、アベノミクスや一億総活躍プランからTPPの見通しなどまで、すべてが不透明化しています。日本に住む人びとの「生活」や「福祉」は、この先どうなってしまうのでしょうか。大きな政治的混乱状態のなかで、原発再稼働問題、子育て世代や若者たちの格差是正、非正規雇用、過密・長時間労働や介護制度など、私たちの日常に直接かかわる問題の、影が薄れていく危機感も深まっています。  いつどのような形で民意が問われるにせよ、岐路に立つこれら重要な問題について、私たちひとりひとりが具体的な形で考えを問われ、決意を問われていることはまちがいありません。なぜ、現在の日本がこのように事態に立ちいたったのか?「今存在しているのとは別の在り方」はないのか?さまよう世界のなかで、日本が進むべき道はどこにあるのか?どうすれば人間の尊厳を回復し、人間らしく生きられる日本社会が実現できるのか?各界の有識者にご意見を伺いつつ、受講者のみなさまと共に考える機会にしたいと思います。