連絡先
上智大学公開学習センター 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310

2129 2129 現代哲学の潮流―ドイツとフランスを中心に―

開催期 2016年秋期
曜日・時間 指定水曜日 19:00〜20:30
開催日 9/28から
回数 12回
講師 リーゼンフーバー, クラウス
テキスト 講師よりプリント配布(無料)
備考 定員40名 受講申込受付11月7日(月)まで 受講中の方のキャンセル受付11月7日(月)まで ※本講座は講座変更できません。
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
32,400円 受付は終了しました。
2129 2129 現代哲学の潮流―ドイツとフランスを中心に―
【講師】 リーゼンフーバー,クラウス 上智大学名誉教授・同中世思想研究所元所長 専攻分野/ 中世哲学、西洋思想史 著作/ 『中世思想史』『西洋古代・中世哲学史』平凡社ライブラリー 20世紀、とりわけドイツとフランスにおいて、人間存在への問いかけが新たにされます。現象学の登場に端を発して、価値哲学は倫理学に新たな基盤を与え、他者への問いと自己への問いは相互に響きあいつつ人間論を刷新し、存在の意味の再把握が解釈学と哲学的な歴史観に奥行きを与えてきました。本講義では、この潮流を代表的な思想家のテクスト(和訳)に基づいて紹介いたします。哲学・哲学史の知識は前提としません。 参考書: 『超越に貫かれた人間』K・リーゼンフーバー著 創文社 ISBN:4-423-30118-0 ※参考書は必須ではないが、講読により理解が深まる。