連絡先
上智大学 学事局 Sophia Future Design Platform推進室 (プロフェッショナル・スタディーズ事務局) 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310 現在、お電話のお問い合わせは受け付けておりません。下記メールアドレス宛にご連絡ください。 web_kookai-co(アットマーク)sophia.ac.jp

1142 がんサバイバーと共に生きる社会を目指して

曜日・時間 指定水曜日 18:30〜20:00
開催日 4/24から
回数 6回
講師 コーディネーター 横山 恭子
テキスト テキスト指定なし(講師より資料配布)
備考 定員40名 ■全ての講義を対面授業形式で実施します。 ※講座のご予約には、あらかじめ当サイトの登録者IDを取得いただく必要があります。初めてご利用される方は【新規登録者ID取得】から、登録者IDを取得してください。 ※本サイトでの申し込みは個人申し込みのみです。アドバイザリーパートナー企業会員、スタンダード企業会員の方は直接事務局までお問い合わせください。
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
100,000円
【2024年度春学期】 <講座内容>   日本人が一生のうちに癌と診断される確率は、2019年データに基づく計算では、男性65.5%、女性52.3%と言われています(国立がん研究センター情報サービス)。また、生涯で「がん」で死亡する確率は、男性26.2%、女性17.7%となっています(国立がん研究センター情報サービス)。がんはすっかり身近な病気となりました。その「がん」の治療の進歩は目覚ましく、不治の病から慢性疾患への位置づけを変えてきています。自身が、あるいは家族ががんを抱えて生きることになった時に、どうしたら社会参加への障壁を低くすることができるでしょうか。また、家族の病気をどのように子どもに説明すれば良いでしょうか。さらに子どもががんにかかった場合の教育も大変重要な問題だと思います。加えて、成長期の子どもががんの治療を受けてその後の長い人生を生きる時、晩期合併症と言われる問題が生じることも明らかになってきました。この講義では、そのようながんの治療に取り組む大人や子どもとその家族の問題について、ご一緒に考えてみたいと思います。第一線のビジネスマンにとって、今一度ご自身や家族や家庭を振り返り、正面から向き合う機会にもなることでしょう。またがんを抱えて一緒に生きる仲間たちが生きやすい社会について考えるきっかけとしていただければ幸いです。 *数字は全て国立がん研究センターがん情報サービスhttps://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/index.html <開講のねらい>   がんサバイバーとして生きる人が多くなっている現在、がんサバイバーに対するさまざまな支援が行われるようになってきています。当事者や周囲の人がそのような支援やその背景にある困難を知ることを通して、さらにできることがないかを考えていくことにより、皆で共生可能な社会を築いていくことができればと考えています。 <関連キーワード> 「がん」、「アピアランスケア」、「がんサバイバー」、「子育て中のがん患者と家族」、「晩期合併症」、 「院内学級」、「子どもの権利」、「必ず発言」、「共生社会の実現」、「事前知識なくても受講OK」、「毎回短いディスカッションあり」 <ディスカッションの頻度・割合等> ディスカッション 頻度   :毎回   ディスカッション 割合   :三分の一(30分)以下 個人発表          :なし チーム発表         :なし ロールプレイング      :講座期間中に1度はあり テーマに関する事前知識や部署経験の有無    :なくてもよい 予定講師陣   ■桜井 なおみ(キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長)   第1回担当予定   ■野澤 桂子 (目白大学 看護学部看護学科 教授)     第2回担当予定   ■上別府 圭子 (国際医療福祉大学大学院 看護学分野 教授)   第3回担当予定   ■副島 賢和 (昭和大学大学院 准教授)   第4回担当予定   ■小林 真理子(聖心女子大学現代教養学部心理学科 教授)   第5回担当予定   ■横山 恭子 (上智大学総合人間科学部心理学科 教授)   第6回担当予定