連絡先
上智大学プロフェッショナル・スタディーズ事務局 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310 現在、お電話のお問い合わせは受け付けておりません。下記メールアドレス宛にご連絡ください。 web_kookai-co(アットマーク)sophia.ac.jp

1222 グローバル組織が直面する文化摩擦とその克服〜ローマ·カトリック教会の世界伝道の試行錯誤に学ぶ〜

曜日・時間 指定土曜 10:00-11:30、12:30-14:00、14:15-15:45
開催日 10/30,11/13
回数 6回
講師 コーディネーター 山岡 三治
テキスト テキスト指定なし(講師より資料配布)
備考 定員40名 ■全ての講義を対面授業形式で実施します(ただし、新型コロナウィルス感染拡大状況により、オンライン講義への変更可能性あり) ※講座のご予約には、あらかじめ当サイトの登録者IDを取得いただく必要があります。初めてご利用される方は【新規登録者ID取得】から、登録者IDを取得してください。 ※本サイトでの申し込みは個人申し込みのみです。アドバイザリーパートナー企業会員、スタンダード企業会員の方は直接事務局までお問い合わせください。
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
100,000円
【2021年度秋学期】 長い歴史を経て、今も存続しているどんな大組織も最初の姿のままで今に至っているわけではないでしょう。たくさんの挑戦や難題に直面して、自己変革や適応を経ていまの姿になっていると思えます。2千年の歴史を持つローマ·カトリック教会もその例にもれず、1世紀から現代にいたるまで世界のすみずみまで出かけていきましたが、現地の文化と摩擦を引き起こしたり、政治にまき込まれたり、内部分裂の危機も味わい、 困難だらけの歴史でした。初期のギリシャ世界、ペルシャ、インド、中国、 南米、 日本などでの伝道の苦労も大きなものでした。しかし、今なお、根本のアイデンティティーを中核として維持し、 世界のすみずみで存在する世界宗教として続き、信徒数も増えています。 本講座では、 教会や宣教師が出会った困難やそれへの対処の工夫の歴史を見つめることにより、種々の分野でグローバルに活躍する方々に発展的な学びが得られるようにと願っています。 各回の講義テーマ 第1回: 仏教とキリスト教の東漸と変容と発展 第2回: ケルト文化と多神教的カトリック 第3回: 女神信仰・聖母信心と聖人たち 第4回: 南米のミッション 第5回: 中国大陸に入ったキリスト教(景教、イエズス会マテオ・リッチ)、現代中国とキリスト教 第6回: 日本に入ったキリスト教、 キリシタン時代 (武士·茶人 キリシタン:高山右近)、 潜伏キリシタンと教会群 予定講師陣   ■ホアン・アイダル(上智大学教授)   ■阿部 仲麻呂(上智大学非常勤講師)   ■レンゾ・デ・ルカ(カトリックイエズス会日本管区長)   ■山岡 三治(上智大学名誉教授)