連絡先
上智大学公開学習センター 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310

0123 三位一体論

開催期 2019年春期
曜日・時間 指定火曜日 19:10〜20:40
開催日 5/14から
回数 10回
講師 角田 佑一
テキスト 講師よりプリント配布(無料)
備考 定員60名 開講判定日 5月7日 受講申込締切・受講中の方のキャンセル受付 5月28日 ※本講座は講座変更できません。
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
27,000円 受付は終了しました。
0123 三位一体論
【講師】 角田 佑一 上智大学神学部常勤嘱託講師 イエズス会司祭 Jesuit School of Theology of Santa Clara University博士課程修了 神学博士 専攻/教義学、エキュメニズム、諸宗教対話、近代日本の哲学(清沢満之など)  この授業では古典的三位一体論がいかにして成立したのかを学びます。とりわけ、父と子と聖霊がいかに関係しあい、唯一の神であるのかという三位一体論の根本問題について、古代の神学者たちがどのように思索を深めていったのかを見ていきたいと思います。  具体的には、新約聖書における父と子と聖霊の理解、ニカイア公会議(325年)前のさまざまな三位一体の理解(様態論、従属論など)、アタナシオス、カッパドキア三教父、アウグスティヌス、トマス・アクイナス、グレゴリオス・パラマスらの三位一体論を取り上げる予定です。