連絡先
上智大学公開学習センター 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310

3223 【会場:(福岡県)上智福岡中学高等学校】 遠藤周作の信仰−『沈黙』・『銃と十字架』『深い河』から読み解くー信仰者の心の遍歴

開催期 2018年秋期
曜日・時間 指定土曜日 14:30〜16:00
開催日 9月29日
回数 1回
講師 川村 信三
テキスト 講師よりプリント配布(無料)
備考 定員300人 【お申込み締切:9月13日(木)】
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
0円 受付は終了しました。
3223 【会場:(福岡県)上智福岡中学高等学校】 遠藤周作の信仰−『沈黙』・『銃と十字架』『深い河』から読み解くー信仰者の心の遍歴
※本講座は福岡県の上智福岡中学高等学校で行います。 【講師】 上智大学文学部史学科教授 川村 信三 専攻分野/キリシタン史、日欧交渉史、ヨーロッパ・キリスト教史 著作/ 『キリシタン信徒組織の誕生と変容』単著/教文館 2003年    『時のしるしを読み解いて』単著/ドン・ボスコ社 2006年    『21世紀キリスト教読本』単著/教友社 2008年    『戦国宗教社会=思想史』単著/知泉書館2011年    『ヨーロッパ中近世の兄弟会』共著/東京大学出版2014年    『キリシタン大名高山右近とその時代』単著/教文館 2016年  ほか多数 その他 /2016年映画『沈黙ーサイレンスー』監修     2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』キリスト教考証 講座内容 日本の代表的キリスト教作家である遠藤周作の「信仰論」を、その著作『沈黙』『銃と十字架』『深い河』三作から読み解く。 20世紀という、カトリック教会にとっても、全世界にとっても激動の時期を生きた一信仰者の内面の変遷たよりに、現代のキリスト教 信仰のあり方を問いなおしてみたい。 参加者は、『沈黙』の原作を読むか、マーティン・スコセッシ監督『沈黙・サイレンス』の映画をあらかじめ見ていることが望ましい。 ※本講座は福岡県の上智福岡中学高等学校で行います。 住所:〒810-0032 福岡県福岡市中央区輝国1-10-10 URL:http://www.sophia-fukuoka.ed.jp/outline/surrounding/ ※駐車スペースがございません。公共交通機関でお越しください。 ◆交通機関(アクセス) ・最寄り駅【地下鉄】福岡市営地下鉄七隈線 桜坂駅下車 徒歩9分      【バ ス】西鉄バス 56・57・58番 上智福岡中高前 ・博多駅からのご案内 【博多駅前B,C,D】(博多口を出て左手)から58番(桧原営業所行き) 上智福岡中高前下車(所要時間約20分) ・天神からのご案内 【天神福ビル前】から56番(桧原営業所行き)・57番(柏原営業所行き) 上智福岡中高前下車(所要時間約15分) ・薬院駅からのご案内 【薬院駅前】から58番(桧原営業所行き)  上智福岡中高前下車(所要時間時間約10分) 《上智大学公開講座について》 上智大学は最も早い時期から社会人に大学を開放した大学として知られています。 1913年の創立当初から夜間学校としてドイツ語や英語の語学講座が行われていました。 戦前は語学学校が中心でしたが、第二次世界大戦後の1946年に、敗戦と焦土の中から 新たに公開講座が始まりました。 それが教養文化講座(語学、社会文化、人生講座含む)と特別講義(著名な人の連続講演会)です。 教養文化講座の講師の多くは外国人で占められ、特別講義は英語で行われていた点も特筆に値します。 現在では、大学院レベルの研究コースも加わり、教養・実務講座、語学講座、神学講座、および産学 連携プログラムによる講座が開講されています。本講座は無料講座です