連絡先
上智大学公開学習センター 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310

2710 更にレベルアップ!上級中国語会話で使う文法 中級〜上級

開催期 2018年秋期
曜日・時間 指定木曜日 18:45〜20:15
開催日 10/4から
回数 13回
講師 姚 南
テキスト 講師よりプリントを配付します。  (実費徴収、継続者は500円、新規の方は2000円程度)
備考 定員25名 / 申込締切は第2回授業日 *本講座の開講判定日は9/27(木)です。 *11/1(木)は、お休みです。 *休講が発生した場合の補講予定日は、1/24(木)です。 *使用言語:説明は中国語、日本語で行います。
スケジュール スケジュールはこちら
シラバス シラバスはこちら
受講料(税込)申し込み
35,100円 受付は終了しました。
2710 更にレベルアップ!上級中国語会話で使う文法 中級〜上級
【講師プロフィール】 姚 南(ヨウ ナン) 上智大学非常勤講師 国籍 / 元籍:中国、現籍:日本 専門分野 / 中文学部漢語言文学専門 著作 / ◇『身につく中国語参考書』駿河台出版社、 ◇『最新・実用中国語辞典』(共著)隆美出版 ほか メール / yuko-xingyun(at)hotmail.co.jp TEL / 080-9577-0115 メッセージ / 中国語の発音の基礎と口頭練習及び基本語順を重視し、中国のどの地方でも通じる共通語の初歩から自由自在に表現するまで体系的に勉強していくと共に、中国人の考え方や習慣、文化、そして付き合い方等にも触れていきます。 【学習内容】 中級レベルを有する方を対象とするこの講義は、これまで習った表現や文法知識を活用しながら、中国語検定試験の準2級以上のレベル及びHSK(漢語水平考試)試験の5級・6級レベルを目標としている方々の要望に応じて、前回の特別講義の「会話でよく使う文法−補語とはなにか」の「実践及び練習」を徹底的に行うと同時に会話でよく使われる「把構文」「受身文」「使役文」についても学習します。 中国語の語法関係の中、「補語」は最も表現が詳細で豊かでありながらも比較的抽象的で複雑、つかみにくいという特徴を持つ文成分でもあります。今回の講座は引き続きユーモラスが溢れていて、生活のにおいが濃厚にただよっている様々な話題が豊富に取り入れられた漫画を教材とし、受講者各自の想象を中国語でものがたってみることによって、日常の会話でよく使う文法を身につけることを目標としています。一方、自作文の発表によって、受講生の中国語での交流を深めていきます。(下記【学習方法】Bをご参照ください)。 【学習方法】 @講師の説明を受ける他、配布された教材を自宅で予習し、理解した上で、各自の想像を中国語で表現するように準備する。 A教室ではそれぞれの準備したものを発表し、答え合わせをし、その中か最も適切な表現を選んで、漫画に描かれている4つの画像を1つ物語りにする。 B引き続き、2回講座で1度程度に、講師に添削された皆様の自由作文を各自によって発表するトレーニングをします。これによって、互いにいろいろな興味のある話題から出てくる語彙・表現・文法事項など巾広く接し、発表者と聞く方と共に次第に「書く力・話す力・聞き取る力」をアップしていくと同時に教室で皆さんと中国語での会話や交流をする機会にもなります。 【学習形態】 できるだけ中国語で講義をします。文法の説明などについては日本語を使うこともあります。 【受講者に期待する達成レベル】 この講義を受けることによって、中国語の文の構造に対する理解度を確実に向上し、より複雑で豊かな表現を身につけ、検定試験の準2級以上のレベル、HSK試験の5級以上のレベルを目指すに必要な知識が備えられる。