連絡先
上智大学公開学習センター 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310

2207 英語で1分間スピーチ!−無理のない自己表現演習 初級〜中級

開催期 2018年秋期
曜日・時間 指定水曜日 19:00〜20:30
開催日 9/26から
回数 13回
講師 大場 智彦
テキスト 『1分間英語で自分のことを話してみる』 浦島 久/クライド・ダブンポート著 (KADOKAWA) ISBN:978-4-04-601456-6 \1,425(本体予価、紀伊国屋書店[上智]価格)
備考 定員25名 / 申込締切は第2回授業日 *本講座の開講判定日は9/19(水)です。 *10/31(水)は、お休みです。 *休講が発生した場合の補講予定日は、1/16(水)です。 *使用言語:説明は、日本語、英語で行ないます。
スケジュール スケジュールはこちら
シラバス シラバスはこちら
受講料(税込)申し込み
35,100円 受付は終了しました。
2207 英語で1分間スピーチ!−無理のない自己表現演習 初級〜中級
【講師プロフィール】 大場 智彦(オオバ トモヒコ) 文教大学情報学部・早稲田大学商学部 非常勤講師 国籍 / 日本 専門分野等 / 上智大学英文学科、早稲田大学大学院 主に英語学、英語科教育法を専攻 著作・論文等 / <修士論文> Learner-Centered Materials and Strategies to Foster Independent Learning of Vocabulary(2001) <著作> ◇「セレクト プラス英語構文76」(2014、共著 文英堂) ◇「1問1答 英文法・語法ターゲット1000」(2014、共著 旺文社)など。 <共同編集> ◇高校検定教科書「POLESTAR コミュニケーション英語T〜V及びその改訂版」(2009〜、数研出版) その他、英和辞典と和英辞典の計5冊(旺文社)、「全国大学入試問題正解」(旺文社)にて編集協力 メッセージ(Messages)/ 皆様の多くは、学生とは違う観点で英語の学習を必要とされているのだと思われます。おそらく英語圏の人々と個人的に、または仕事上で接する機会もあり、英語で正確にこちらの意思や状況を説明する力を伸ばしたいとお考えの方々が多いことでしょう。この講座では40の場面を想定した上で負担の少ない「1分間スピーチ」を通じて、失敗を恐れず自己表現力を伸ばすことを目標とする講座です。是非ご参加を! 【学習内容(Contents)】 今回使用予定のテキストでは40の場面に応じて主張や説明をする1分間スピーチの見本や語彙・表現の紹介がされています。テキストが紹介する場面に沿った流れで表現力を積み重ねていくことを中心としますが、英検の準2級、2級の面接試験の問題なども適宜用いる予定です。自分の考えや判断を説明するだけでなく他の受講者の発言に対する質問やコメントをする表現力の向上も目指します。 【学習方法(Methods)】 学習方法は最初の授業で説明しますが、事前にテキストに紹介されている表現で「これは使える」と思われるものをチェックしておきましょう。毎回順次3つ程度のDrillを扱う予定ですので、この題材ならこの表現を使ってこのような展開をして説明をしよう、という想定をしておくことが望ましいです。当然のことながら実際の受講者の数によって割り当てられる題材と発言時間は違ってきます。 【学習形態(Mode)】 テキストに基づいて英語による発話を積み重ねていきますが、日本語との比較で理解を確実なものにする必要もありますので、必要に応じて英語と日本語を使い分けて講義と活動を展開することになります。「このような場面でこのようなことを言いたい場合の英語の表現は?」という疑問とそれに対する意見を様々な背景を持った受講者の間で日本語や英語で語り合い、確認することも大切にしたいと思います。 【受講者に期待する達成レベル(Goal)】 自分と英語話者との関わりで想定される様々な場面での自己表現や状況説明が相手に誤解を与えることなくできるようになる、ということが大まかな目標です。多少のぎこちなさや文法的なミスがあっても伝えたい内容を相手に伝える意欲と表現力を身につけて欲しいものです。具体的な検定試験のレベルで言えば、英検の準2級か2級の2次面接試験に高得点で合格できる程度をお考え下さい。