連絡先
上智大学プロフェッショナル・スタディーズ事務局 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 四谷キャンパス1号館1階 TEL:03(3238)3552 FAX:03(3238)4310 現在、お電話のお問い合わせは受け付けておりません。下記メールアドレス宛にご連絡ください。 web_kookai-co(アットマーク)sophia.ac.jp

2128 日本の宗教と思想―キリスト教と日本人の心

曜日・時間 指定木曜日 19:00〜20:30
開催日 10/4から
回数 8回
講師 田中 裕
テキスト 『代表的日本人』内村鑑三著 岩波文庫  ISBN-13: 978-4003311936 683円(予価・紀伊国屋書店[上智]価格)
備考 定員40名 開講判定日 9月27日 受講申込締切・受講中の方のキャンセル受付 10月18日 ※本講座は講座変更できません。
スケジュール スケジュールはこちら
受講料(税込)申し込み
21,600円 受付期間外です。
2128 日本の宗教と思想―キリスト教と日本人の心
【講師】 田中 裕  上智大学名誉教授 専攻/宗教哲学・科学哲学 著書/逆説から実在へ (科学哲学・宗教哲学論考) HPアドレス/https://www.facebook.com/yutaka.tanaka.1291 Eメールアドレス/cosmopolitan008@gmail.com 現在、統合学国際研究所(一般財団法人)理事、東西宗教交流学会会長、西田哲学会理事、日本ホワイトヘッド・プロセス学会会長  春学期の講座では「仏教と日本人の心」をとりあげましたが、秋学期はその姉妹編ともいうべき「キリスト教と日本人の心」を取り上げます。ザビエルによって戦国時代に布教されたキリスト教は、多くの民衆の心をつかみましたが、為政者によって禁教とされ、キリスト信徒は潜伏・受難の道を歩みました。鎖国から開国に転換した明治以降のキリスト教伝道は、日本人にとってキリスト教とは何かという問題に直面しました。バチカン第二公会議の教皇回勅「ノストラ・エターテ(我々の時代に)」の精神に基づき、この一連の講義では、聖書の和訳、典礼と讃美歌の日本語と「言霊」の問題に始まり、内村鑑三の「代表的日本人」、新渡戸稲造の「武士道」、岩下壮一「信仰の遺産」などの古典的著作の意味するものを考察します。そして日本でおこなわれた仏教とキリスト教の間の霊性交流、宗教間対話の歴史を振り返りつつ、日本人の心とキリスト教の精神を一つにしようとした先人の仕事から学ぶことを目指します。