0126 人間らしく生きる―対立を深める世界・・・日本の針路を考え直す―

開催期2018年春期
曜日・時間帯指定水曜日 19:00〜20:30
開催日
回数11回
講師大橋 容一郎
テキスト
講師よりプリント配布(実費徴収 全回分500円を会場で徴収)
備考
定員100名

開講判定日4月11日(水)

受講申込締切・受講中の方のキャンセル受付5月23日(水)まで

※本講座は講座変更できません。
スケジュールスケジュールはこちら

講座作成中
0126 人間らしく生きる―対立を深める世界・・・日本の針路を考え直す― 0126 人間らしく生きる―対立を深める世界・・・日本の針路を考え直す―
【コーディネーター・講師】 大橋 容一郎 上智大学文学部哲学科教授 専攻分野/ 西洋近現代哲学、近代日本哲学、認識論、カント・新カント学派の哲学 著作/ 岩波書店版『カント全集』他多数 【講師】 島薗  進  上智大学大学院教授、上智大学グリーフケア研究所長 江川 紹子  ジャーナリスト 半田  滋  東京新聞論説兼編集委員  川崎  哲  ピースボート共同代表、iCAN国際運営委員 青井 未帆  学習院大学大学院法務研究科教授 水島 朝穂  早稲田大学法学学術院教授 前川 喜平  元文部科学省事務次官 中野 晃一  上智大学国際教養学部教授、同学部長 小森 陽一  東京大学大学院教授、九条の会事務局長 松浦 悟郎  カトリック名古屋教区司教  トランプ大統領の就任から1年、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる状況はますます緊迫しています。韓国、中国、ロシアなどの対話による平和的解決の方針に対して、米国は軍事的な攻撃をほのめかし、空母などを朝鮮半島周辺に配備して軍事的な圧力を強めてきました。最近、韓国での冬季五輪を契機として話し合いによる解決への道が開きつつありますが、これまでの米朝両国の主張からまだまだ予断を許さないものがあります。安倍政権はこれまで米国の立場を全面的に支持してましたが、米国から大量の兵器を購入する約束をし、米軍との作戦行動を可能にする憲法9条の改定、緊急事態条項導入の準備を進めています。  日本国内では、経済成長と財政再建を目指したアベノミクスが思ったような成果を挙げられず、出口も見えない中で、待機児童問題をはじめ、虐待、いじめ、引き籠り、高い学費、非正規雇用、低賃金、長時間労働、格差拡大などが続いており、子供たち、若者たち、働く世代の生活環境は、着実に劣化してきています。しかし安倍政権は、森・加計問題には一貫して責任逃れを図りながら、国民の医療・介護・年金などをますます切り詰め、日本人の将来への希望や徳性、互いの信頼感などを著しく損なってきました。  対立と混迷を深める世界のなかで、日本が進むべき道はこのままでよいのか?どうすれば人間の尊厳を回復し、人間らしく生きられる日本社会が実現できるのか?「今存在しているのとは別の在り方」はないのか?上記の有識者のご意見を伺いつつ、受講者の皆さまと共に考える機会にしたいと思います。