講座詳細

【受付終了】化学C化粧品の成り立ち
2018/06/30(土)
【開催回数】 全1回
【受講料】 2,700円
講座概要
   市場に溢れている様々な特徴ある化粧品は、多くの場合水や油や粉状の原料など、お互いに混ざらない、なじまないものを原料に、工夫して作られています。本講座では、機能性のある化粧品製剤の調製における分子集合体形成の意義について解説します。 ◆参考文献:『「化粧品科学へのいざない」シリーズ第1巻 文化・社会と化粧品科学』坂本一民・山下裕司編集(薬事日報社) 【協賛団体】 ・本学総合研究院 界面科学研究部門 https://rist.tus.ac.jp/introduction/division/%e7%95%8c%e9%9d%a2%e7%a7%91%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e9%83%a8%e9%96%80-2/ ・ジャパン・コスメティックセンター(JCC) http://www.jcc-k.com/frmDefault.aspx 【キャンセルポリシー】区分B
定員 40名
会場 セントラルプラザ2F
残席状況
備考
講座スケジュール
日 時 内容・講師
2018/06/30(土)
14:00〜15:30
講座概要を参照
講師紹介
鈴木 敏幸
本学客員教授
受講のお申込み
料金区分 受講料
一般 2,700円
本学学生 1,400円


講座一覧へ