講座詳細

【受付終了】化学A化粧の文化と心理学
文化史と感情調節効果
2018/04/21(土)
【開催回数】 全1回
【受講料】 2,700円
講座概要
   化粧は不要不急の行為で、楽しみとして行うものですが、人類の福利厚生に寄与するという側面も有しています。本講座は化粧の歴史を、生物の進化という巨視的な視点、西洋対日本という比較文化的視点、明治維新以降の日本という近代史的視点など、レンズの拡大率を変えながら振り返ります。さらに、スキンケアとメークの区別、油と水、衛生観、公と私、慈しむ化粧と飾る化粧、スキンケア・メーキャップ・フレグランスの心理効果など総合的に解説します。 ◆参考文献:『「化粧品科学へのいざない」シリーズ第1巻 文化・社会と化粧品科学』坂本一民・山下裕司編集(薬事日報社) 【協賛団体】 ・本学総合研究院 界面科学研究部門 https://rist.tus.ac.jp/introduction/division/%e7%95%8c%e9%9d%a2%e7%a7%91%e5%ad%a6%e7%a0%94%e7%a9%b6%e9%83%a8%e9%96%80-2/ ・ジャパン・コスメティックセンター(JCC) http://www.jcc-k.com/frmDefault.aspx 【キャンセルポリシー】区分B
定員 40名
会場 セントラルプラザ2F
残席状況
備考
講座スケジュール
日 時 内容・講師
2018/04/21(土)
14:00〜15:30
講座概要を参照
講師紹介
阿部 恒之
東北大学文学部 教授
受講のお申込み
料金区分 受講料
一般 2,700円
本学学生 1,400円


講座一覧へ