• 78284.png

H【第1回】「『源氏物語』と紫式部」 紡ぎだす言葉の糸 5月29日→7月17日に変更

  • 78284.png

概要

「雅」の極地とされる平安時代の宮廷政治の姿をたどりながら、『源氏物語』に描かれたさまざまな愛憎、哀しみ、憐れみをたどります。平安時代とは、はたして煌びやかな「雅(みやび)」の時代だったのか。紫式部が描こうとした宮廷社会の実像に迫ります。
第1回紡ぎだす言葉の糸 稀代の傑作とされる長編小説『源氏物語』に描かれた世界とは何か? 「雅」の極地とされるこの作品には、大いなる暗闇もまた存在します。その謎を解くため、まずは紫式部とはいかなる女性だったのか。そして『源氏物語』はなぜこの時代に書かれたのか、についてお話しを進めていきます。「宮廷世界」に潜む光と闇。紫式部の紡ぎだす言霊≠ノ誘われるようにして「物語」のはじまりを論考していきます。
曜日・時間 指定 15:30〜17:30
会場・教室 東京会場
受講回数 1回
備 考 開場時間:15時
残席状況
その他資料      

スケジュール

日 時 カリキュラム
2021/07/17(土) 15:30〜17:30 第1回 紡ぎだす言葉の糸

お申し込み

料金区分 受講料
受講料 2,750円