• 78265.png

B【第2回】「都の伝統産業 ─洗練の美─」西陣織と西陣の町 ─人々の信仰とともに 11月6日

  • 78265.png

概要

天皇を頂点とした都の文化を支え、重要な役割を果たしてきた京都の伝統産業。幾多の戦乱や時代の波を乗り越え、受け継がれ、いまなお進化を続けています。都の美意識とは?
第2回 西陣織と西陣の町 ─人々の信仰とともに─ 平安遷都より宮廷の織物を生産したという「織部司(おりべのつかさ)」。これをルーツとし、応仁の乱を経て、各時代の職人たちが技術を磨き、織物の美を追求し続けてきました。着物文化の華やぎは陰で支える職人の技あってこそのもの。西陣の町に根ざした人々の信仰と歩みをたどります。
曜日・時間 指定 10:00〜12:00
会場・教室 京都新聞文化ホール
受講回数 1回
備 考 開場時間:9時半
残席状況
その他資料      

スケジュール

日 時 カリキュラム
2021/11/06(土) 10:00〜12:00 第2回 西陣織と西陣の町

お申し込み

料金区分 受講料
受講料 2,750円