仕事とモティベーション
〜やる気スイッチは本当にあるのか〜

講座番号: 10-04

< 講座概要 >
 日本の雇用制度が大きく変化する中で、特に深刻な問題は、人々が働く場所や、働く意欲を喪失することです。「失業や転職は当たり前の時代だ」と言われても、人間は、機械ではなく、環境に適応するまでの期間や支援が必要です。  また、管理者やリーダーは、部下や仲間が、現代の厳しい職場環境や競争にさらされ、もしかしたら本来持っている「やる気」や「自発性」を失っているのではと考えてみることも必要です。  他社で話題になった管理法を無理に取り入れても、自分たちの状況に効果的かどうかは、疑問です。そこで、本講座では、「仕事とモティベーション」について正しい基礎知識を学習し、自分や他者の可能性を見直し、再検討するための能力を高めることを目的とします。  第一回 マスローの欲求段階説  第二回 マグレガーの統合論  第三回 ハーズバーグの動機づけ要因  第四回 現代社会とモティベーション理論
< 受講生へのメッセージ >
経営学の専門基礎、社会人にとっては、教養レベルですので、広く一般の方にも聴講いただけます。
分野経営
期間2020/10/02(金)〜2020/10/30(金)
曜日・時間金曜日 13:30〜15:00
回数4回
講座提供機関東京都立大学
会場第5セミナー室
残席状況
テキスト
備考託児利用可
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2020/10/02(金) 13:30〜15:00
2020/10/16(金) 13:30〜15:00
2020/10/23(金) 13:30〜15:00
2020/10/30(金) 13:30〜15:00

【講師紹介】
横山 佳代子
 大学教育センター 准教授
料金区分受講料
一般 3,500円
学生 1,700円