豊かに賢く生きるための法律の知恵
〜憲法、基本的人権そして身近な法律問題を考える〜

講座番号: 公開講座

< 講座概要 >
 私たちは、好むと好まざるとに関わらず、「法」の網の目の中で生活をしています。法というと、何か自由を束縛されるという意識を持ってしまいがちですが、法は本来、国民の権利と安全で豊かな生活を守るためにあります。   しかし、法を知らないために、思わぬトラブルに巻き込まれ苦境に陥ることがあるのも現実です。また国家のあり方を考える上でも、法の理念や仕組みを知っておく必要があります。豊かに賢く社会生活を送る為には、法の知識は必須のアイテムです。  憲法の理念、信教の自由などの基本的人権という大きな問題から、日常生活で直面する法律上の留意点など、人生を豊かに賢く生き抜く知恵を一緒に考えていきましょう。
< 受講生へのメッセージ >
 法律とか憲法、あるいは権利とか義務等というと、小難しいもの、堅苦しいもの、面倒なものという意識が先行してしまい、ついつい敬遠しがちです。しかし、私たちが生きていく上では否応なしに関わらざるをえないものです。大きくは国家のあり方を考える上で、身近には日常生活を賢く生きる為に、法の知識は不可欠です。こんな欲張った内容を盛り込んで、皆さんと考えてみたいと思います。多くの方の受講をお待ちしております。
分野法律
期間2019/05/18(土)
曜日・時間土曜日 13:30〜15:00
回数1回
講座提供機関公益財団法人 東洋哲学研究所
会場イベントホール
残席状況
定員216名
テキスト
備考
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2019/05/18(土) 13:30〜15:00

【講師紹介】
桐ケ谷章
東洋哲学研究所 所長/代表理事 弁護士。創価大学名誉教授。同大学法学部長・法科大学院研究科長・副学長、宗教法学会理事・常務理事・事務局長等を歴任。2017年3月現職に就任。主要著書に『信教の自由を考える』『宗教団体の政治活動』『民主主義と宗教』『政治と主教を考える』『政教分離の日米比較』『憲法20条-その今日的意義を問う』等。信教の自由、政教分離、宗教法人法改正問題、生命倫理等に関する論文多数。
料金区分受講料
一般 0円