パイプオルガンリサイタル
〜パイプオルガンにおける足鍵盤の意義〜

講座番号: 公開講座

< 講座概要 >
演奏曲目 D.ブクステフーデ:前奏曲、フーガとシャコンヌ ハ長調BuxWV137 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 二長調BWV532 F.メンデルスゾーン:オルガンソナタ第1番へ短調 Op.65-1 C.フランク:コラール第3番イ短調 酒井多賀志:「夕焼け小焼け」の主題による変奏曲 Op.48      :幻想曲「一陽来復」Op.74 他
< 受講生へのメッセージ >
鍵盤楽器の中で、オルガンの際立った特徴は、手鍵盤の音域の半分以上ある足鍵盤の存在です。 このような形はブクステフーデが活躍した17世紀からですが、それにより、オルガン音楽は独自の世界を作り上げることになりました。 バッハの音楽の深みと、躍動感は足鍵盤の存在が深く関わっています。彼に続くオルガン音楽の作曲家もそのことを踏まえており、今回はそれを探ります。
分野教養
期間2018/11/17(土)
曜日・時間土曜日 14:00〜16:30
回数1回
講座提供機関東京純心大学
会場東京純心大学
残席状況
定員800名
テキスト
備考駐車場利用可
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2018/11/17(土) 14:00〜16:30

【講師紹介】
酒井多賀志
現代文化学部 教授
料金区分受講料
一般 0円