朗読による文学作品の楽しみかた
〜「読む力」と「話す力」を高める〜

講座番号: 09-41

< 講座概要 >
 文学作品を声に出して読むことは楽しいことです。しかも、楽しみながらコトバの力がつくのです。文章を深く読む力、考えながら話しをする力がつきます。初めて朗読を学ぶ方はもちろん、これまで朗読を学んだ方にも参考になるお話しをします。渡辺知明著『朗読の教科書』を使用して、読み方と話し方とのつながりを考えます。  毎回、講義と実習との2本立てで進めてまいります。各回の内容は次の通りです。 第1回:朗読と表現について―読むことと話すこと、自己紹介と質疑応答 第2回:姿勢と発声―リズム、アクセント、イントネーション 第3回:「記号づけ」の方法―文章を深く読むための技術 第4回:「記号づけ」の実践―印をつけて文章を読む方法 第5回:語り口の表現(1)自分自身と対話する声 第6回:語り口の表現(2)ひとりの相手と対話する声 第7回:語り口の表現(3)数人の人たちに話しをする声 第8回:語り口の表現(4)人を楽しませる語りかた 第9回:語り口の表現(5)役割を演ずる語りかた 第10回:ミニ発表会による個人よみへの助言
< 受講生へのメッセージ >
朗読というのは声に出して文学作品をよむことです。文学作品の文章には感情があります。作品の内容を読み取って感情を表現するのが朗読の楽しみです。声に出すことを目的にすることによって、文章の読解力もつくし、話しをする力もついてきます。 この講座では、発声や発音の基礎から始めて、日本語を話す能力や対話力をつけることを目標にします。渡辺知明著『朗読の教科書』を教材に使用しますので、受講までに購入しておいてください。 テキスト:渡辺知明著『朗読の教科書』パンローリング社(2,268円)
分野言語
期間2018/09/20(木)〜2018/11/22(木)
曜日・時間木曜日 18:30〜20:00
回数10回
講座提供機関明星大学
会場第2セミナー室
残席状況
定員15名
テキスト教材費:2,268円(テキスト代)
備考
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2018/09/20(木) 18:30〜20:00
2018/09/27(木) 18:30〜20:00
2018/10/04(木) 18:30〜20:00
2018/10/11(木) 18:30〜20:00
2018/10/18(木) 18:30〜20:00
2018/10/25(木) 18:30〜20:00
2018/11/01(木) 18:30〜20:00
2018/11/08(木) 18:30〜20:00
2018/11/15(木) 18:30〜20:00
2018/11/22(木) 18:30〜20:00

【講師紹介】
渡辺知明
日本コトバの会 講師/事務局長、所長 1952年(昭和27)生まれ。群馬県桐生市出身。法政大学在学中に日本コトバの会に入会。大久保忠利氏(元東京都立大学教授。言語学・国語学)より、言語理論、国語教育理論、文章、話し方、表現よみ指導法を学ぶ。『声を鍛える』(2017)、『文章添削の教科書』(2015)、『表現よみとは何か―朗読で楽しむ文学の世界』(1995)など著書多数。
鈴木時男
教育学部 教授
料金区分受講料
一般 8,000円
学割 4,000円