絵画実技上級(木曜4-12月・Aコース)
〜油画・水彩画・デッサン〜

講座番号: 04-83-1

< 講座概要 >
【授業の目的】  絵画表現の基礎力を基に表現力の向上をはかり、デッサンや水彩画を主とする絵画表現をより深く学習することを目的とした講座です。絵画表現は描く方のものの見方や感じ方、理想や気持ちといった様々な要素をも含められていると言え、このように描かなければならないといった一律の方向があるわけではありません。しかし、表現として自由に絵を描くためには空間構成や光について、二次元と三次元について、技法などの理解は不可欠です。絵画表現を構成する諸要素を踏まえ、水彩画や油画、デッサンの絵画表現について実技をとおしてより深い理解を目指します。 【授業の内容】  講座では上級者向け絵画制作実習を行います。受講者それぞれの基礎力の向上をはかり、継続的に絵画制作を行っていけるように導きます。 【授業の計画】  受講者それぞれに適した個別指導で授業を行っていきます。 【テキスト及び参考書】 必要ありません。 【講座レベル】 上級クラス。工学院大学提供の「絵画実技中級」を受講された方のみ受講できます。 【履修者が用意するもの】 持参用具:鉛筆4B、2B、練り消しゴム、水彩用具、油画用具、木炭など ※初日の授業には鉛筆、練り消しゴムをご持参ください。 ※必要な用具はキャンパス内購買部にて購入できます。 【注意事項】  課題の初日には技法や進め方の解説がありますので、遅刻・欠席しないようにしてください。  大学構内での授業です。本学の学生などに迷惑のかからないよう十分にご注意ください。  通学には公共交通機関をご利用ください。(大学の駐車場はご利用できません) ※時間帯が2コースあります。いずれかのコースをお選びください。 ※工学院大学提供の「絵画実技中級」を受講された方のみ受講できます。 ※本講座を申し込んだ方は、「絵画実技」の他のクラスを同時に申し込むことはできません。
< 受講生へのメッセージ >
 工学院大学提供の絵画実技中級講座を受講された方対象の講座です。  中級講座で身につけたデッサン力を基に構成力や表現力を養い、完成度の高い作品(水彩画、油画、デッサン)を目指しましょう。
分野芸術
期間2018/04/26(木)〜2018/12/20(木)
曜日・時間木曜日 09:20〜10:50
回数20回
講座提供機関工学院大学
会場工学院大学
残席状況
定員15名
テキスト教材費:2,000円
備考
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2018/04/26(木) 09:20〜10:50
2018/05/10(木) 09:20〜10:50
2018/05/17(木) 09:20〜10:50
2018/06/07(木) 09:20〜10:50
2018/06/14(木) 09:20〜10:50
2018/06/21(木) 09:20〜10:50
2018/06/28(木) 09:20〜10:50
2018/07/05(木) 09:20〜10:50
2018/07/12(木) 09:20〜10:50
2018/07/19(木) 09:20〜10:50
2018/10/04(木) 09:20〜10:50
2018/10/11(木) 09:20〜10:50
2018/10/18(木) 09:20〜10:50
2018/11/08(木) 09:20〜10:50
2018/11/15(木) 09:20〜10:50
2018/11/22(木) 09:20〜10:50
2018/11/29(木) 09:20〜10:50
2018/12/06(木) 09:20〜10:50
2018/12/13(木) 09:20〜10:50
2018/12/20(木) 09:20〜10:50

【講師紹介】
大竹敦人
教育推進機構 基礎・教養科 准教授 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、同大学院修士課程修了、同大学非常勤講師、同大学教官(助手)、東京学芸大学教育学部非常勤講師などを経て現在、工学院大学教育推進機構基礎教養科 准教授。現代美術作家として活動し、The Art Institute of Chicago,lllinois,U,S,A 愛媛県美術館、府中市美術館などにパブリックコレクション、個展など展覧会多数。
料金区分受講料
一般 16,000円
学生 8,000円